食学

Food-science

砂糖依存症

皆さまは甘い食べ物はお好きですか?

毎日一つは甘いお菓子やスイーツを食べないと気が済まない
一食抜いてでもケーキやパンケーキが食べたい
常にチョコレートを持ち歩いている
むしろ、朝ご飯や昼ごはんは菓子パンが多い

私は、今はほとんど甘いものを食べません
そんなに食べたいと思わなくなりました
たまに食べたくなっても、チョコレート一つ食べたら満足です
食後のデザートもいりません
コース料理だとデザートがついていますが、残すのは申し訳ないから仕方なく食べるだけで
本音で言うと、デザートでカロリーを摂るくらいならおかずをもう一品食べたいと思うくらいです 笑

そんな私も

元々甘いものが苦手とか、好きじゃないとか
そういう事ではありません
元々はかなり酷いシュガーホリック(砂糖中毒)でした

うちの実家は、子供の頃は朝はパン食の家でした
小学校くらいまで母親が朝ご飯を用意してくれていました

ピザトーストにヨーグルト
ジャムトーストにヨーグルト
フレンチトーストにヨーグルト
こんな感じの朝食でした

両親は共働きだったので、トーストを焼くだけでも
バタバタした朝に準備するのは大変だったと思います
家の掃除に洗濯 洗い物に父親のお弁当作り 自分の出勤準備、、、

やはり大変だったのでしょう!

中学に上がると、台所のカゴに菓子パンが入れられてある様になりました

「朝は自分たちで食べて!」と

なので、朝は菓子パンがある日は菓子パン
食パンしか無ければ自分で焼いて食べる
パンが無い日はお茶漬けなど
その日にある物を各々適当に食べていましたが

なんせ成長期の食べ盛りが3人 笑
今考えると、朝から食べる量もかなり多かったのですが
何と言ってもその食事内容が悲惨です

うちの家族は全員甘党で
子供たちが甘い菓子パンが好きだからと、親が買ってくるパンは決まって甘いもの
ホイップクリームメロンパン
チョコチップパン
あんマーガリンコッペパン
ドーナッツパン
クリームチーズデニッシュetc、、、

今考えると、よくも朝っぱらからこんな物を子供たちに食べさせていたなぁと思ってしまいますが 笑
そして自分に対しても、よくも朝っぱらからそんな甘い物が食べられたな
今なら間違いなく胸焼けするなぁとも思います 笑

これだけではありません
前日に父が子供たちのために買ってきてくれていたホイッププリンやチョコレートプリンなど
こんな物まで朝から食べていました

挙げ句の果てに
それでも食べ足りなければ、晩ご飯の残りやお菓子箱まで開けて食べていました

中学二年生の時

土曜日で給食もなく、部活もお休みでお弁当もなく
友人とコンビニでお菓子やパン等を買って裏の駐車場でおしゃべりする事が多かったのですが
その時に私は、何と菓子パンを7個も食べました 笑
しかも全て甘いパン

「ねえ、そんなに甘い物だけずっと食べていて気持ち悪くならないの?
見ているこっちが胸焼けしそうなんだけど」

「えっ、何で?むしろお惣菜パンとか全然興味ない
甘いパンだけ延々と食べられる」

と言って

食べ足りなく、更に追加で2つ買ってきて結局9個も甘い菓子パンを食べました

胃袋は一体どうなっていたんだ?と成長期の食欲にも驚かされますが
今考えると完全に砂糖依存症です

私が中学生の頃

ワイドショーで『キレる若者』と言う特集がやっていました
渋谷の街でキレて喧嘩している若者 学校で先生にキレる若者 親にキレる若者etc、、、
田舎育ちの私は(東京は怖い所だなぁ)と思い観ていました

コメンテーターも
「時代ですかね、、、」なんて言っていました

時代なんかではありません
当時はまだ解明されていなかったのでしょう

『白砂糖』

皆さまも、今では耳にされた事があるのではないでしょうか?

『白砂糖は麻薬やモルヒネと同じくらいの依存性がある』
『摂取した時の高揚感 快楽 幸福感はコカイン以上』
『離脱症状があり食べれば食べるほどまた食べたくなる』

しかし、これらを耳にするようになったのはここ数年ではありませんか?
私が子供の頃には聞いた事がありませんでした
この頃の私は間違いなく砂糖依存症でした

甘い物を食べる→血糖値が急上昇→血糖値が急降下→また食べたくなる→甘い物を食べる→血糖値が急上昇→血糖値が急降下→また食べたくなる

延々とこの繰り返しなのです
そして厄介なのが、いつもの量では満足出来ずに食べる量が増えていくのです
完全に麻薬と同じですね

マウスの実験で
砂糖水を与える実験をしたら、マウスは砂糖水を延々と飲むようになり
中断すると離脱症状で凶暴になりマウス同士が激しいケンカとなったそうです

我々が子供の頃
コンビニの菓子パンなんて美味しいと思いませんでした
しかし、ちょうど中学生くらいになった頃から
コンビニのパンがどんどん本格的になり、スイーツもお店顔負けの本格的な物ができ始め

今ではどうでしょうか?
わざわざスイーツ店へ行かずとも、むしろあのコンビニのあのスイーツが食べたい!
あのコンビニのあの菓子パンが食べたい!
と、手軽に本格的な商品が低価格で手に入る様になりました

コンビニでなくとも
グローバルな現代にはパンケーキ タピオカドリンク バスク風チーズケーキetc、、、と
次々と海外のスイーツが輸入されてきますね

確かに誘惑が多く、甘党の方には我慢するのはかなり辛いかと思います

私自身、あれだけの砂糖依存症だったのに、何故今では甘党ではなくなったのかと言うと
明確な理由は自分でもハッキリとは分からないのですが
年齢と共に食の好みが変わってきた事(例えば和食を好むようになった パンよりお米派になったetc)と
お酒を飲むようになって、甘い物よりも自然と塩っぱい物(おつまみ系)を好むようになった事が一番の理由かな?と思います
私以外の家族は未だに皆んな甘党なので、家族はビックリしていますが
二十代半ばくらいからほとんど食べなくなりました

自分のことは自分で気をつけるしか無いのですが
ぜひ、お子さんがいるご家庭では気をつけてあげた方が良いかと思います
お子さんがイライラしやすく、落ち着きがないのであれば甘い物の与え過ぎかもしれません
最近では、砂糖の摂りすぎによる『鬱を招く危険性』も囁かれています

和食には砂糖を使うものが多いため、その際には
変わりに黒砂糖 天然のはちみつ メープルシロップ 黒蜜なんかで代用してみてはいかがでしょうか?
もちろん摂りすぎては意味がありませんが、精製度が低ければ低いほどリスクも下がります

自分の健康は自分で
お子さんの健康は大人が気をつけてあげたいですね