食学

Food-science

酵素とは?

酵素ドリンクとは?

そもそも『酵素』って何だっけ?

酵素とは、我々の中に備わっている『代謝』や『消化』を促す物ですが
『潜在酵素』と言い、我々が生まれながらにして備わっている物です
それを『100%』としましょう

それが全て使われた時=我々が死を迎える時です

そして、この『潜在酵素』の数はお母様のお腹にいる時に決まってしまいます
遺伝や体質もありますが、お母様がいい加減な食生活を送っていると
お母様自身の酵素が少ない→産まれてくる赤ちゃんの『潜在酵素』も少ない→太りやすく代謝の悪い子・免疫力の低い子が産まれてくる
妊活中も含め、お母様はより一層食事に気をつけなければなりません

生まれながらに備わっている『100%』を増やすことは出来ません
減っていく一方です
しかし、それを助けてくれるのが『食物酵素』
つまり、食品から摂取出来る『補酵素』のことです

・生のお野菜 果物 お肉 お魚等から摂取できます

そして、日本の伝統食である『発酵食品』には多くの酵素が含まれております

・納豆
・お味噌
・お醤油
・酒粕etc...

近年よく言われるようになってきたのが

「発酵食品は加熱された時点で菌が死んでいる為食べても意味がない」
これに関しては、半分合っていて、半分は情報不足です

そして

世に出回っている酵素ドリンクのカテゴリーは『清涼飲料水』
清涼飲料水は出荷する前に加熱殺菌する事が法で義務付けられています

その為
「加熱処理されているんだから酵素ドリンクだって飲んでも意味がない」
とテレビで紹介された事がありました

発酵菌は、48度以上で加熱された時点で確かに死んでしまいます
しかし、この死んだ菌『死菌』は我々の腸内に溜まった添加物や有害物質を絡めとって外へ排出してくれる働きがあります
なので、発酵食品を食べても意味が無いというのは大間違いです
意味が無いと言うのであれば『日本人の長寿の秘訣は発酵食品だ!』と言うデータは一体何処へ行ってしまうのでしょうか

そして酵素ドリンク
酵素ドリンクと聞くと『酵素を補給する為のドリンク』だと思いませんか?
加熱処理している以上、既に酵素は無くなっています
なので、酵素ドリンクもお味噌汁のような『発酵食品』と言う認識を持っていただければ分かりやすいと思います
尚且つ、酵素ドリンクを飲む目的は『腸内環境を整えること』
当サロンで取り扱っているドリンクは自然由来の『すんき漬』の植物性乳酸菌がたっぷり含まれております
腸内を清掃してくれる『死菌』+『植物性乳酸菌』=『発酵乳酸菌ドリンク』と思ってもらえれば良いかと思います⭐︎

何もしなければ体内酵素は減っていく一方
美容・健康・健康寿命の若々しい身体づくりの為にも当たり前のように日々食物酵素を摂取していきたいですね(^^)